弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 住まいとくらし > ごみの出し方(街なかカラス対策)
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 住まいとくらし > ごみの出し方(街なかカラス対策)

ここから本文です。

ごみの出し方(街なかカラス対策)

平成23年度の街なかカラス対策についての世論調査で、カラスによる被害で最も多かったのが「ごみ荒らし」でした。
地域のカラス被害を減らすために、ごみの収集日を守るとともに、次のことを心がけましょう。
 

エサとなる生ごみを減らしましょう

まずは、カラスのエサになる生ごみを少なくすることです。生ごみが出ないよう、必要な分だけ食材を購入したり、生ごみ堆肥化容器(コンポスト、密閉容器等)などを使用し、生ごみを減量化しましょう。
家庭で身近にできる「ダンボールコンポスト」については、「ダンボールコンポストでごみ減量」のページでご確認いただけます。

 

ダンボールコンポストでごみ減量のページ

 

生ごみは見えないようにしましょう

カラスは非常に視力がよいといわれています。生ごみを出す際は、水切りをして、不要な紙などに包み、カラスに見えないようにしたうえで、半透明の緑色のごみ袋に入れて出してください。
 

ごみ集積ボックスの設置補助

カラスに強いごみ集積所を整備するため、黄色防鳥ネットより防鳥効果が高く、耐久性のあるごみ集積ボックスを、町会が新設、更新するためにかかる経費の一部を補助する制度を、平成25年度から実施しています。平成25年度は38町会から補助金の申請があり、合計60基のごみ集積ボックスが設置されました。
平成26年度は、町会だけでなく、アパート等の集合住宅所有者・管理者がごみ集積ボックスを新設・更新する場合も補助の対象となりますので、ぜひご活用ください。
 

ごみ集積ボックス設置への補助金交付のページ

 

 【設置前(黄色防鳥ネット使用)】

 

【 新しい集積ボックス設置後】     

 

なお、ごみ集積ボックス等の設置が困難な町会については、黄色防鳥ネットの貸し出しも引き続き行っています。

 

防鳥ネットは効果的に使用しましょう

市ではごみ集積ボックスの設置されていない町会に対し、ごみ集積所に使用する黄色の防鳥ネットを貸し出しています。
防鳥ネットは、単にごみの上に掛けているだけでは、カラスが防鳥ネットを引っ張り、ごみを荒らすケースもあるため、ごみ袋がはみ出さないようにし、すき間を開けずに、ごみ袋全体を包み込むようにする必要があります。
皆さんが協力し、効果的な使用を心がけましょう。
 


【効果的でない防鳥ネットの掛け方の例】

 

【効果的な防鳥ネットの掛け方の例】

問い合わせ先

担当 環境課 資源循環係

電話 0172-35-1130

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る